下町ならではの素朴なスーパー「三平ストア 浅草店」

国際通りで特徴的な二階建ての建物は、「三平ストア 浅草店」。「下町のスーパー」として、なんと、1958年からこの地で営業している。
生まれも育ちも浅草のライターYとしては、やはりスーパーといったら三平。生まれた頃から地元にあるという、絶対的な安心感がある。しかし、以前火事になって3年ほど閉まっていた時は、えも言われぬほどの悲しさを感じた。一方、ようやく営業を再開した時は、あまりのうれしさに拳を握りしめたほどだった。

利用していて思うのは、ここは野菜や果物などの生鮮品が安くて新鮮ということ。夕方にすでに品切れ続出の人気なのだ。
そのあたりの秘訣について尋ねると、店長の澤里さん曰く「新鮮さと安さが重要なので、その日中に売り切ることを心がけてます。翌日に残さないようにするため、夕方頃には相当値段を安くするんです」とのこと。やっぱり!

下町のスーパーならではのこんなことも聞いた。
「お客さんから店に関する意見を気さくに言っていただけるので、毎日勉強させていただいてる感じがします。私も勤続40年以上ですが、すごく昔からのお客さんも時々見かけます。そんな時、こっちも歳とったけど、お客さんもお年を召されたなって、歴史を感じますね(笑)」

ここには、下町の素朴な買い物風景が残っている。

<店舗データ>

三平ストア(さんぺいすとあ)
東京都台東区2-14-16
TEL/03-5826-7203
年中無休(元日を除く)
AM10:00〜PM9:00


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>