下町の夏をほのかに灯す 「隅田川とうろう流し」をご存知ですか?

夏、お盆の季節に隅田川で、様々な祈りが込められたとうろうが流されます。「隅田川とうろう流し」です。

参加者は、祖先やペットの供養、復興への祈りなど、それぞれの想いをとうろうに込めます。川にはいくつものとうろうが浮かび、想いの数だけほのかな明かりが灯るのです。

とうろう流しは、元々は「流灯会」と呼ばれて、終戦後すぐの1946年の復興祭の時、浅草に参集した縁者が、隅田公園の河岸から燈籠を一つ一つ隅田川に流していたものに由来。その数は毎年三千個近くに達し、年々盛んな浅草の行事となっていました。

流灯会は1965年を最後に、高潮防止のための防潮堤の整備が行われたことをきっかけにいったん中止されますが、近年、隅田川親水テラスの整備などが行われたことで、再び開催。夏の風物詩としての風情を今に伝えることとなっています。

ぜひ、隅田川でひととき、鎮魂の夏をお過ごしください。

<開催概要>
「隅田川とうろう流し」
[日時]平成25年8月13日(火)雨天決行
●式典・流し初め 18:30
●灯篭流し 18:45〜20時頃
[場所]吾妻橋〜言問橋 隅田川沿い遊歩道コース
灯篭流し 隅田川 吾妻橋親水テラス沿い
(潮の流れは東武鉄橋方向です)
[主催者HP]
www.e-asakusa.jp/event/1308_tourounagashi.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>