店主の信念を感じる“東京とんこつ” 「ラーメン じゃん腹」

国際通り「ビューホテル浅草」隣にあるラーメン店「じゃん腹」は、今年13年目を迎える。この店のラーメンには、店主のこだわりと努力が実っている。

「東京とんこつ」と銘打った、しつこくないとんこつスープが特長。豚足と野菜をギリギリの火加減を見切って、6時間煮出した本格派だ。味は「醤油とんこつ」「九州とんこつ」「とろみ醤油」「味噌」がある。

数年前から、野菜が多めに入った「特製 野菜ラーメン」シリーズが各味で登場。女性や高齢の方にも「さっぱり食べられる」と好評だ(写真は「特製とんこつ野菜ラーメン/870円」)。
野菜・根菜を11種類炒めているのでヘルシーだし、コクがあるのに最後までさっぱりといただける。麺は九州風の細麺で、しっかりとスープに絡むので良い。

さらに工夫としてここでは、注文がはいる度、スープと具材を振り鍋で一杯一杯調理して提供。だから、ぬるいものは絶対出ない。

脱サラした後、「東京とんこつ」というスープに「惚れて」この道に入った店主。有名店の修行を経て、一から味を作り出したという努力が、店作りのそこかしこに感じられる。
年々メニューは増え、高齢用の新メニュー「昔懐かしい 浅草あっさりラーメン」の開発やスタンプカードの発行など商売に余念がない。

一杯にドラマを感じるラーメン屋が「じゃん腹」だ。

ちなみに「じゃん腹」とは、「じゃんじゃん食べて腹いっぱい」になってほしいという店主の想いから。

 

 

<店舗データ>
ラーメンじゃん腹(じゃんばら)
東京都台東区西浅草3-16-9
TEL/03-3843-7220
年中無休
AM11:00~AM2:00

gourmet.walkerplus.com/107032614001/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>