浅草の風物詩! 浅草寺で三世代楽しめるイベント「九代目市川團十郎『暫』復元記念 第二十三回 泣き相撲」が今年も開催されます!!

間もなく、2013年4月29日(祝日)に浅草寺で行われるのは、毎年恒例となった「九代目市川團十郎『暫』復元記念 泣き相撲」だ。

境内の九代目市川團十郎の「暫」銅像前に特設された特設舞台にて、「組ませ役」の日大相撲部の学生力士さんに抱かれた赤ちゃん達が集合。「元気よく泣いた方が勝ち」の、ほのぼのとした「相撲」を見せる。
行司の明るい采配も人気で、第二十三回の今年は例年にも増して50組100名以上の参加が見込まれている。名勝負に期待大だ。

 

「泣き相撲」は、子供はむろん、親、そして祖父母までも巻き込んだ三代が楽しめるイベントとして、浅草内外の方々に喜ばれている。むろん観戦するだけでも楽しいので、是非足を運んでいただきたいところ。

もともとはこのイベント、1986年に浅草寺に九代目市川團十郎の「暫」の銅像が復元されたことを記念して始まったもの。銅像が歌舞伎の演目「暫」の主人公で、荒々しくきっぷのよい鎌倉権五郎という前髪姿の子供であることから、彼のような力強さと健康が祈願されている。

実は昨年まで「泣き相撲」には、十二代市川團十郎氏がたびたび参加され、講評などを担当していた。氏の早すぎる死により今年は残念ながら出席とはいかず、浅草人にとってはひときわ思い入れのできる年となりそうだ。

赤ちゃんの元気な様子に喝采を送りながら、十二代市川團十郎氏を偲ぶ。歌舞伎と縁のある浅草の歴史を感じさせる風物詩なのだ。

<開催概要>(予定)
「九代目市川團十郎『暫』復元記念 第二十三回 泣き相撲」
[日時]平成25年4月29日(祝日)12時30分~15時00分(12時30分より 法要、お加持)
[場所]浅草観音本堂裏広場「暫」銅像前 特設舞台(雨天時は五重塔々院にて開催)
[主催者HP]
www.e-asakusa.jp/event/1304_nakisumou.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>