浅草国際通りについて



1937年の開場から82年の閉館に至るまで、松竹歌劇団や美空ひばりの公演をはじめとする当時の最先端のエンターテインメントが集結し、連日大賑わいを見せていた「東洋一の五千人劇場」、浅草国際劇場――。「浅草国際通り」(別名「ビートストリート」)は、そんなかつての浅草のランドマークの目前にあったことから、その名前が付けられました。

劇場が開かれていた頃の活気は今でも健在で、通りには映画館や寄席などの下町娯楽はもちろん、グルメ、ショッピング、宿泊に関する人気の観光スポットも豊富。その上、浅草通り、雷門通り、かっぱ橋本通り、ロックフラワー通り、花やしき通りといった浅草を代表する通りに接続しやすく、東京メトロ銀座線「田原町駅」、つくばエキスプレス「浅草駅」も利用しやすいことから、江戸下町の醍醐味を堪能できる“浅草の玄関口”として人々から慕われ続けています。

コメントは受け付けていません。