浅草随一のひつまぶしが食べられる「浅草うな鐵」

ひつまぶしは名古屋名物と聞いていたが、浅草で食べられるのがこの店、「浅草うな鐵」(あさくさうなてつ)だ。

頼んで食べてみれば納得で、そもそも、浅草は寿司・天ぷら・うなぎなど、和食文化が強い土地柄。うなぎ食の発展系であるひつまぶしも、あってしかるべきだったのだ。

注文は「1人桶」という形でてきるが、大人数でいったほうがベストだろう。それほどに1人前の量がたっぷりなのだ!

「浅草ひつまぶし タレ」の食べ方は、名古屋スタイルを踏襲。1杯目はそのまま、2杯目は山葵(本山葵をテーブルでおろす!)などの薬味と共に。そして、3杯目は特製のだしでお茶漬け風に。ほくほくのうなぎとしっとりと良い味のタレのご飯が絡み合う(ちなみに、ライターYは2杯目の味が好きでした)。
さらに、この店では「塩ひつまぶし」が名物。厳選した海人の藻塩をつかった塩ダレでいただくうなぎは「味がごまかされない分、うなぎの新鮮さがわかる」と評判なのだとか。しかも、「塩ひつまぶし」は、「世界オンリーワン」なんだそう!

「かぶと」や「ひれ」「肝」などのうなぎの串やその他おつまみメニューも豊富。一杯やってシメでひつまぶし、なんていう贅沢も! 土日祭日などは行列必至。その人気もうなづける名店なのだ。

<店舗データ>
浅草うな鐵(あさくさうなてつ)
東京都台東区浅草1-43-7
TEL/03-3841-1360
第二火曜 休
AM11:30〜PM22:30(ラストオーダー22時)

浅草ひつまぶし(タレ) 1人桶2500円

www.hitsumabushi.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>